動物用人工臓器について Q18

Q18 獣医領域における人工臓器の製品や研究の現状について教えてください。

(A18) 生活水準の向上に伴って、ペットも家族の一員と見なす飼い主が増え、高度な治療を望むケースが増えているようです。そうした背景から、ペットの心疾患に対して、人工弁や人工心肺を使った手術を施し、腎不全に対しては人工腎臓治療(人工透析)を施すなど、人工臓器を使った治療が増えつつあるそうです。ヒト用の人工臓器とペット用のそれとの間に、原理的な違いはありません。ただしペットとなる動物は人間より小さく、生存力も弱いので、それに合わせた特殊なスペックが求められる場合も多いそうです。

詳しくは以下のサイトがお勧めです。
http://sc-smn.jst.go.jp/8/bangumi.asp?i_series_code=B040615&i_renban_code=008

(芝浦工業大学工学部応用化学科 吉見 靖男)

一般の皆様へ

会員ページ 会員ページ
Member’s login

リレーエッセイ リレーエッセイ
Relay essay

プロモーション映像

一般社団法人
日本人工臓器学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内

TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012

jsao@asas-mail.jp