2019年度人工心臓管理技術認定士資格更新

本年の更新申請は締切ました。
更新についての可否は一切お答えしておりません。
書類不足者や審議対象者のみご連絡をしております。
更新証は11月に開催される日本人工臓器学会総会後に順次お送りいたします。

2019年の更新を希望される方は下記の要領に従い申請してください。
本年の申請時にはオンラインより更新申請を行うこととなりました。
オンライン申請期間:4月15日~5月30日
更新書類申請締切:2019年5月31日(金)必着


①日本人工臓器学会の会員の方は情報を必ず確認し、変更箇所がある方は変更してください。
非会員の方は②に進んでください。

会員ログイン


②確認変更作業完了後に更新申請ボタンより申請を行ってください。
※所属機関名・部署名は必ず記載してください。
※連絡先を自宅にされている方も必ず記載してください。

更新申請


③更新申請書をダウンロードし、申請書の該当箇所に②で登録した際にお送りしているオンライン申請番号を記載して申請してください。


④更新に必要な書類
◆資格更新申請書
◆ポイント一覧記載の5回以上参加した受講証の写し
◆更新料振込用紙の写し
◆5症例以上の『補助人工心臓治療症例記録』


⑤更新規約
◆ 過去5年間(更新年を含む)の内に認定委員会が定めた、日本臨床補助人工心臓研究会、または日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会・日本人工臓器学会・日本体外循環技術医学会の人工心臓・補助循環に関連したセッション、日本人工臓器学会教育セミナー、日本体外循環技術医学会教育セミナー、人工心臓と補助循環懇話会(AHACの会)、DT研究会に5年間に5回以上参加した者。但し、日本臨床補助人工心臓研会またはDT研究会には1回以上参加すること。(対象大会・セミナーは別添の一覧をご参照下さい。)
なお、筆頭演者として上記学会等で人工心臓に関する発表をした場合、上記学会の学会誌に筆頭著者として人工心臓に関する論文を発表した場合は、学会等への出席1回分として含めてよい。
◆常勤の病院勤務を原則とする。
◆5年間に5症例以上の『補助人工心臓治療症例記録原本」の写しを添付すること。
◆代替措置を使用される場合には資格更新付則を確認し、申請すること。


⑥症例提出について
認定委員会が定義している症例記録の提出体裁は以下のとおりです。
各施設で対応・書式は異なると思いますが、工夫され、沿うような形でご提出ください。
◆治療症例記録となりますので、手術時と術後の管理記録等のご提出をお願いしております。まとまったもので経過表のような書類であれば、それをご提出ください。
◆経過表などがかなりの情報量である場合には、一部の提出でも問題ありませんが、「術中記録と管理記録の最初のページと最終ページおよび症例サマリー」を提出いただき、貴殿が従事した事実がわかる書類を提出してください。
◆患者個人を特定できる情報については、削除・塗りつぶす等の加工処理を加えてご提出ください。
◆症例記録のフォーマットについては、特に定めておりません。
◆上記のものとは別に症例サマリー提出が必須となりました。
サマリーは400字以内といたします。
なお、上記症例には従事したことを認める施設責任者のサインおよび印が必要となります。


⑦お問い合わせおよび送付先
4学会1研究会合同人工心臓管理技術認定士認定委員会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13
ユニゾ小石川アーバンビル4階 学会支援機構内
一般社団法人 日本人工臓器学会事務局内
E-mail:joint_nintei@asas-mail.jp(合同認定委員会事務局)
※上記問合せは、メールのみ受け付けます。
※受験に関するお問い合わせはお電話では一切受け付けておりません。
 お電話いただいても回答出来かねますので、メールでお問い合わせください。

一般の皆様へ

会員ページ 会員ページ
Member’s login

リレーエッセイ リレーエッセイ
Relay essay

プロモーション映像

一般社団法人
日本人工臓器学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内

TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012

jsao@asas-mail.jp