日本人工臓器学会教育担当理事 西村 元延
                       アンケート実務担当 冨澤 康子


 今回の地震・津波・原発事故は多大な被害をおよぼしました。
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に対し、謹んでお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 さて、このたび、日本人工臓器学会教育委員会では、会員の皆様にアンケート調査をお願いしたく、ご案内申し上げます。

 「地震・津波・原発事故。災害の1日前に戻れるとしたら、あなたは何をしますか」という企画です。災害を記録しておくこと、災害から学ぶことは大切であると思います。他人の経験を知るのは有益ですが、「こうすれば良かった」「あの判断は間違いだった」という失敗例を知るのは、もっと有益であると思っております。

 本プロジェクトは内閣府のhttp://www.bousai.go.jp/km/index.html を参考にしています。

 日本人工臓器学会会員の皆様、分かっていたけど、やらなくて後悔したこと、想定されていなかったことを 400字(300字から500字程度)にまとめていただきお聞かせください。人工臓器に関係ある事例が最も好ましいですが、医療、研究、日常生活の中で災害から学んだことももちろん歓迎します。

 ご返信は、下記の所定の回答用紙(MS-Word2007以降、MS-Word2003以前、またはPDF)へご回答いただき、メール(4CRNRY@hij.twmu.ac.jp)に添付して、あるいはFAX(03-3356-0441)してください。
無記名でかまいません。締め切りは2011年5月31日です。

 なお、この結果は、まとめて、第49回日本人工臓器学会大会で報告し、小冊子にして配布するとか、PDFにして学会のホームページに載せたいと思います。

 調査にご協力いただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

(文責:冨澤康子)

回答用紙.docx 回答用紙.doc 回答用紙.pdf