第2回 人工心臓管理技術認定士
認定試験受験要項

4学会1研究会合同試験委員会
日本人工臓器学会
日本胸部外科学会
日本心臓血管外科学会
日本体外循環技術医学会
日本臨床補助人工心臓研究会

人工心臓管理技術認定士認定試験は、「医師の指示のもとで行う(補助)人工心臓症例の管理に関する技能・知識を有する能力」を認定するものです。
この試験は日本人工臓器学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本体外循環技術医学会、日本臨床補助人工心臓研究会の4学会1研究会共催(4学会1研究会合同試験委員会)で行います。
受験希望者は下記の要項に従って応募して下さい。

Ⅰ.受験資格
  受験申請を希望するものは以下の項の基準を有することとする。
  1.日本臨床補助人工心臓研究会会員(施設会員を含む)、または構成4学会のいずれかの学会員であること。
  2.心臓血管外科専門医認定機構が認定する認定修練施設(関連施設を含む。)において、下記の経験年数(※注1)を満たす者であること。
    ① 臨床工学技士 経験  3年以上
    ② 看護師    経験  3年以上
  3.本邦で製造販売承認されている全ての(補助)人工心臓システムについて各製造販売企業が開催するデバイス管理研修セミナー(またはそれに相当するセミナー)を    受講し、研修修了資格を有すること。
    各製造販売企業が発行する研修修了書を提出すること。(附則(1)参照)
  4.日本臨床補助人工心臓研究会、または日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会・日本人工臓器学会・日本体外循環技術医学会の人工心臓・補助循環に関連したセッ    ション、日本人工臓器学会教育セミナー、人工心臓と補助循環懇話会(AHACの会)に5年間に5回以上参加した者。(過渡期の移行措置として、今年度は3回以上、    平成23年度から5回以上とする)(附則(2)参照)
  5.5症例以上の『(補助)人工心臓治療症例記録』を添付すること。(附則(3)参照)
  6.医療法に定める病院に常勤していること。
    以下に該当する者は除く(資格更新についても同様とする)。
    ・精神病者または向精神薬、覚醒剤、麻薬、大麻、アヘンの常用者、もしくはその影響が認められる者
    ・目が見えない者、耳が聴こえない者もしくは口がきけない者
    ※注1)免許交付日からの経験年数を基準とする。

Ⅱ.試験方法
  筆答試験及び口頭試験とする。但し、体外循環技術認定士資格所持者は筆答試験を免除する。

Ⅲ.試験日及び試験会場
  試験日  平成22年7月18日(日) 午後12時30分より午後1時30分(筆答試験)
                                   午後2時より         (口頭試験)
  会 場 東京女子医科大学 中央校舎4階 講義室
      東京都新宿区河田町8-1 TEL:03-3353-8111(代)

Ⅳ.願書提出期限および提出先
  平成22年6月11日(金)までに、提出書類(Ⅴ.提出書類の項を参照)を簡易書留郵便にて、日本人工臓器学会事務局宛送付してください(締切当日までに必着)。

Ⅴ.提出書類
  1.受験申請書

第2回受験申請書.pdf


  2.受験票

第2回受験票.pdf


  3.受験資格の各証明書
    臨床工学技士・看護師免許証、各製造販売企業が発行する研修修了書の写し。体外循環技術認定士認定資格保有者で筆頭試験免除のものは、同認定証。
  4.日本臨床補助人工心臓研究会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本人工臓器学会、日本体外循環技術医学会、AHACの会の参加証、日本人工臓器学会教育セミナー受講修了証写し(今年度は3回分以上、平成23年度から5回分以上)
  5.5症例以上の『補助人工心臓治療症例記録原本』の写し(附則(3)に従った場合はそれぞれの証明書で代替してよい)
  6.受験料振込み時の受領証の写し
  7.返信用切手700円分

Ⅵ.受験料 10,000円(申請書提出と同時に、郵便局の払込用紙を用いて振込むこと)
      郵便振替口座番号  :00130-3-607331
      銀行からの振込用番号:〇一九店(019) 当座 0607331
      加  入  者  名:人工心臓管理技術認定士認定委員会

Ⅶ.問い合わせ及び申請書送付先
    事務局:〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4階
            一般社団法人 学会支援機構内 日本人工臓器学会事務局内
  4学会1研究会合同 人工心臓管理技術認定士認定委員会(委員長 許 俊鋭)
      E-mail:jsao@asas.or.jp/Fax:03-5981-6012

Ⅷ.合格発表の通知及び認定証の交付・個人情報保の取り扱いについて
  平成22年11月18日(木)から開催される第48回日本人工臓器学会大会(仙台)において発表し、認定証を交付します。
  合格者および認定士は氏名を学会誌・ホームページ等により開示することがあります。

Ⅸ.認定試験申請書の記入上の注意
  1.記載不備の場合は受け付けられませんので、経験歴以外は本人の自筆により楷書で正確にご記入ください。
  2.所属学会、研究会の会員番号を明記してください。
  3.医療に関する現有資格は国家資格、学会・協会認定資格、各製造販売企業が発行する研修修了書の順にその写しを添付してください。
  4.経験歴は、指定施設(関連施設を含む)の施設責任者か当該(心臓血管外科・循環器外科等)部門長の証明が必要となります。
    A)常勤あるいは常勤に準じるものとし、アルバイトは認めない。
    B)複数の施設におよぶ場合は年数を加算し、各施設の証明を添付してください。
  5.氏名は原則開示いたします。希望されない方はその旨お申し出下さい。
  6.受付け後の提出書類および受験料は返却いたしません。

人工心臓管理技術認定士(移行措置)

附則1:現在市販の補助人工心臓は東洋紡VAS(ニプロ株式会社)とBVS5000(メディクスジャパン株式会社)の二種類です。本年度の受験時には少なくとも一社のデバイス管理研修セミナー(またはそれに相当するセミナー)を終了していればよく、一年以内に全ての(補助)人工心臓システムについて各製造販売企業が開催するデバイス管理研修セミナー(またはそれに相当するセミナー)を受講し、研修修了書を提出してください。(各社に研修修了書の発行準備は認定委員会から依頼してあります。)また、新しい補助人工心臓が承認された場合は、1年以内にデバイス管理研修セミナーを受けてください。
 なお、補助人工心臓研修コースに出席した場合は、その修了証明書のコピーをもって研修コースで実習したデバイスの管理研修セミナーを受けたものとみなします。

附則2:第15回日本臨床補助人工心臓研究会(平成21年11月12日、黒澤博身当番世話人)、および第38回人工心臓と補助循環懇話会(平成22年2月26-27日、梅津光生世話人)の出席者名簿は研究会主催者より事務局に提出されますので、出席証明書は不要です。出席した旨の申告をして頂ければ事務局で出席を確認します。なお、今年度までは日本臨床補助人工心臓研究会へ1回以上の参加(必修)については、免除します。

附則3:当面、5症例の補助人工心臓治療経験として以下の代替規定を設けます。
    1)所属施設において2症例以上の補助人工心臓治療経験を有すること。なお、症例経験には病床におけるVAD患者管理も必要です。
    2)補助人工心臓植込み・駆動実習を含む補助人工心臓研修コースに出席した場合、1症例の治療経験と同等と算定する。(研修コースのプログラム内容を含む修了      証明書のコピーを提出すること、プログラム内容の適正については認定委員会が判定する)現在、認定委員会で認定している補助人工心臓研修コースは以下の通り。
      (1)東京大学・東京女子医科大学共催の東京胸部外科研修コース
      (2)JACVAS研修コース(但し経験症例1例の代替とする場合は一日の実習をVAD施設で追加することが必要)
      (3)大阪大学主催西日本VAD研修コース
    3)複数例の補助人工心臓治療症例を持つ施設において一週間(実働5日間)の研修(実習)をした場合、1症例の治療経験と同等と算定する。(研修施設責任者の      証明書を提出すること、研修(実習)内容の適正については認定委員会が判定する)
注:移行措置に関する規定は毎年認定委員会で見直します。