「植込型補助人工心臓早期製造販売承認および保険償還」の実現に向けて -- ご支援のお願い

                                        日本人工臓器学会
                                        理事長 富永 隆治
                                        情報広報担当理事 山下 明泰

 さて、日本人工臓器学会では、補助人工心臓治療関連学会協議会へ加盟し、植込型補助人工心臓の早期承認とデバイスラグ解消に関しての活動に協力してまいりました。
 昨年11月の第47回大会では、林会長にご協力いただき、「植込型補助人工心臓早期製造販売承認および保険償還」の行政府への要望について日本人工臓器学会主導として採択し、その後、日本心臓移植研究会代表幹事 松田 暉先生、補助人工心臓治療関連学会協議会代表 許 俊鋭先生らが中心となり政府機関、厚生労働省へ陳情を重ねてまいりました。
 現在、日本胸部外科学会様のご協力を得て、「植込型補助人工心臓の早期承認と在宅安全治療体制構築について賛同署名ご依頼」として活動が行われております。

 会員各位におかれましては、趣旨にご賛同いただきまして、ご協力のほど、何卒、お願い申し上げます。

○日本胸部外科学会への署名ページ
http://www.jpats.org/modules/bulletin01/index.php?page=article&storyid=26
 

○要望書(pdf)

要望書.pdf

 

○署名運動ポスター(pdf)

署名運動ポスター.pdf